目の水分が足りなくなってまばたきをするたびに目が痛い


A. 目の水分が足りていなくてまばたきのたびに目が痛いです。

 

けいさん 30代 女性

 

 

一日中パソコンを使う仕事をしているので目の疲労が溜まりがちです。本当に毎日目が乾く、そして痛い!加えて視力が悪くコンタクトをしているので、目の水分が足りなくなってまばたきをするたびに痛い…なんて日もしばしばあります。

 

眼鏡を使用しているときはそんなことないので、コンタクトで酸素が足りなくなっているのも目に悪いのかなと思っています。特に夕方以降の乾きがすごくて、なんど目薬をさしてもしょうがないくらい!目薬がすぐなくなってしまうので常に2、3本携帯しているんです。

 

夜にコンタクトをはずすときも、一度目薬をさしてからでないとぱりぱりっとしてなかなか目からはがれない。目を痛め付けてるなぁって実感します。

 

でもなかなか普段のスマホいじりもやめられなくて。起きたとき、お昼の休憩、寝る前、隙さえあればゲームをしたりTwitterをしたりしてしまうんです。目に悪いなぁって思うんですけどやめられない。これもドライアイにつながっているのかなって思います。

 


A, コンタクトをつける時間を減らそうと思います。

 

やっぱり必要以上に目を酷使しているのが根本的に悪いと思うので、コンタクトをつけなくても良い日は眼鏡にしています。そうすることで酸素不足や水分不足が改善している気がします。

 

あとはスマホを使う時間をおさえること!そうは言ってもなかなか難しいので、せめて暗い場所では使わないように気をつけています。たとえば寝る前は見ないとか、夜道では使わないとか。

 

仕事でパソコンを使う時間は減らせないので、何分使ったら休憩!と決めて目の負担を減らすようにしています。わたしの場合、デスクトップにタイマーを表示させていて、1時間半ごとに必ず休憩するようにしています。

 

軽く体をストレッチしてみたり、トイレまで歩いてみたり、忙しいときはただ目をつむってみたり。これだけでもかなり違いますよ!適度に休憩することで仕事の集中力もあがっていいことずくめです。

 

これらをしっかり気を付けることでだんだん目の痛さや乾燥が軽減してきたかなー?と感じてます♪

 

ドライアイはスマホやパソコンに目が一点に集中してしまい、まばたきをしない状態が続くと起こります。

 

現代の医学は、涙線にプラスチックを入れて涙線から涙を出すように促す手術しかありません。自分で改善するには、まずはスマホやパソコンを使うときは意識して、まばたきをすることが大切です。

 

目に疲労がの残るようでしたら、タオルを濡らしてレンジで40秒ほど温め顔にのせるのもリラックスでき血液の流れもよくなるのでおすすめです。

 

 

また、目を画面の一点に集中させず、画面の隅々まで見るようにします。スマホだと画面が小さいためうまくできませんが、そのときは視線をスマホからずらし、部屋や外の遠くをみるクセをつけましょう。遠近とまばたきを常に繰り返すことが大切です。

 

仕事でデスクワークをやられている方だと朝から夜までパソコンを使いがちになりますが、1時間に1回10分程度の休憩を取りましょう。自分の体を守るためです。仕事を優先せずに、しっかり休憩をとりましょう。

 

よりありがちなのが、いざ休憩したものの、気づいたらスマホをいじくっていたということです。これでは意味がありません。目を休ます10分間は遠くをボーと眺め目を自然のままにすることがとても大切です。